鍵を取り換える費用っていくらくらい?

鍵は家の安全に重要なものです。

だから、私は鍵がない家はほとんどないと思う。

鍵のセキュリティは急速に増加しており、現在様々な種類の鍵が存在する。

家の鍵が古い場合は、セキュリティの高い鍵で置き換える方がよいでしょう。

キーを交換するとき、私は何をすべきですか?

このセクションでは、契約者に鍵を変更するコストと鍵を置き換える方法を紹介しますので、それを参照してください。

鍵をロッカーに交換する

自分で鍵を置き換えることもできます。

しかし、通常DIYなどをしない人のために、自分で交換するのは難しいかもしれません。

うまく行かない場合は、ロックされていないか、開くことができない可能性があります。

そのため、DIYなどに慣れている人以外は、通常の方法で業者に鍵を変更することをお勧めします。

鍵のインテリアデコレーターや鍵屋以外の不動産会社を持つこともできます。

しかし、鍵の交換を求めたら、名古屋さんに鍵を譲るのが最善だと思います。

名古屋はキーの取り扱いを専門としています。

そのため、専門知識を持つだけでなく、リッチ・キー・インベントリを扱う場合もあります。

インテリア会社や不動産会社の場合は、キーストックがないことがよくあります。

建設費の見積り

キーを交換するコストは、キーのタイプによって異なります。

ここでは、各タイプのキーの為替レートを紹介します。

鍵交換の一般的な為替レート

これは、ディスクシリンダキー、ピンシリンダキー、ウェーハシリンダキー、アパートなどのハウジングに広く使用されているタイプのキーです。

これらのキーを交換するための費用は約10,000円〜12,000円です。

カードキー交換のコスト見積もり

カードキーは、ホテルでよく見かけるものです。

通常のキーとは異なり、カードをマシンの上に置くことでドアのロックを解除します。

カードキーの交換代金は1万円から12,000円程度であり、一般的なキーの交換とほとんど変わらない。

ディンプルキーの交換のための原価見積

ディンプルキーは、表面に凹凸を有する複雑な構造を有するキーであり、ピッキング対策として非常に有効である。

構造が複雑なため、交換費用が高く、コストは約15,000円〜20,000円です。

他の特別な鍵交換のコスト

私たちは通常それを見ることはありませんが、上記に該当しない特殊な形状のキーがあります。

基本的には何も見ていないので、あまり心配する必要はないかもしれませんが、交換費用は約2万円〜25,000円と高くなります。

あなた自身の交換の準備

すでに述べたように、鍵を自分で置き換えることは可能です。

あなたがそれを自分でやるならば、それを減らすことができる最大のメリットです。

交換したいキーの種類を考えてください

多くの種類のキーがあります。

まず、どのようなキーを置き換えたいか考えてみてください。

たとえば、セキュリティを向上させたいので、ディンプルキーに置き換えます。

交換可能なシリンダーを調べる

キーシリンダーには様々な形があります。

ドアに適合しないと取り付けできないので、取り付け可能なシリンダーを確認してください。

交換可能なシリンダーを確認できるウェブサイトがあるので、そこをチェックすることができます。

新しいキーを購入する

交換可能なシリンダーを知ったら、鍵を購入します。

キーは、インターネットまたはホームセンターで購入することができます。

これらの作業が終了したら、キーの交換を開始します。

手順は次の章で紹介します。

キーを交換する手順

キーの交換は次の手順で行います。

1.ドアの側面にあるプレートを取り外します

2.上下のネジを外してボードを取り外します

3.シリンダー側の上下のピンを外し、シリンダーを取り外します

4.新しいキーシリンダの上下のピンを取り付けます

5.キーが正しく機能しているかどうか確認する

6.確認の後、サイドプレートを取り付けます

この手順では、キーを取り付けします。

重要なことは、キーが正しく機能するかどうかを確認することです。

あなたがそれを確認しないと、キーを閉じることができないか、キーを使用するときにキーが開かないことがあります。

まとめ

最も重要なことは、名古屋さんに鍵を残すことです。

しかし、私はいくつかの人々がコストを抑えたいと思います。

キーを自分で置き換えることができれば、コストを削減できます。本当にコストを抑えたい場合は、自分で行うことができます。

しかし、適切にキーを交換しなければ、キーを正しく開閉することができないことがあります。

自分で交換するときは、しっかりと慎重にリスクを理解しましょう。

あなたが心配しているなら、鍵屋のような業者にそれを残しておきたいかもしれません。

関連記事

ページの先頭へ